ジーニーカラコン通販で処方箋は必要?

ジーニーカラコンを着けるなら眼科に行きましょう

ジーニーカラコン含めほとんどのカラコンは処方箋なしで買うことができます。
度なしはもちろん、度ありでも提出の必要がないことがほとんどかと思います。

 

そもそもネットでカラコンを買うから処方箋が欲しいと眼科に言ったところで、処方箋を出してくれることはまずないのではないでしょうか。
だって、どういうものか分からないカラコンを買うために処方箋を出すこと自体無理があるような気がします。

 

度あり、つまり視力を矯正するものであっても、処方箋が必要ないとうことは、後は自己責任で選ぶしかありません。
また、装着を始めてからのケアも自分できちんと管理する必要があります。
面倒かもしれませんが、自分の目は自分で守りましょうね。

ジーニーカラコンで自分の目に合ったスペックを選ぶ

カラコンを選ぶ際に特に自分に目に合うものを選ぶことを考える場合、視力矯正が必要なら度ありの度数、ベースカーブ、この2つは特に慎重に選ぶ必要があります。
ベースカーブについては8.6mmあたりのが種類が多いですが、自分の目と少しくらいの誤差があっても大丈夫と言われています。もちろん、きちんと自分の目にあったサイズのを選ぶほうが懸命ですが、相性みたいなのもありますからね。
それより度数のほうが大事でしょう。
処方箋が必要ない、つまり眼科に行かなくても買えるということです。
もともとコンタクトをつけていて、その度数を知っていれば別ですが、もともとがメガネだった場合、コンタクトの度数を知らないわけです。
その状態で度ありレンズを買うのは危険でしょう。
ジーニーカラコンにも度ありはたくさんありますが、自分の度数にあったものを絶対に選んだほうがいいです。
ただ、メガネにしても、コンタクトにしても、眼科で作ったことがある人はわかると思いますが、どの度数が適しているかは、いつ着けるかにもよると思います。
例えば、私はすごく視力が悪いのですが、1日中パソコンをする日と、外で活動する日とでは、適してる度数が違ってくると思います。メガネでも同様です。
私の場合は、外に出る時間が長い場合は、遠くまできっちり見えるものを選ぶますが、ほとんど室内にいるような場合は、あまり度数が強すぎるのをつけてると目が疲れてきます。

 

デザインや気分、服装でカラコンを選ぶのもありでしょうけど、さらに付けていく場所によって着け分けるというのも大事かもしれません。